ハウスメーカー|家売却の不動産査定を慎重に選ぶ

慎重に選ぶ

ハウスメーカーで建築した家はそれぞれ特徴があり、
また流行が有ることも少なくありません。

そのため、家売却を行う場合にはその査定額に注意が必要です。

一般の住宅に比べ流行しているハウスメーカーの住宅は
高く売れることも有りますが、業者によってはその上乗せ分を
考慮せずに金額を算定することが少なくないからです。

家売却を行う際には不動産会社により住宅の査定を
行う事になりますが、その場合には十分に注意が必要です。

不動産会社は住宅を効果的に販売し利益を得ることが
目的で有るため、効果的な販売方法を考慮した上で
その金額を決めることが多いのです。

適性を知る

多くの不動産会社は住宅を販売する方法として
仲介をする方法と自社で買い取りを行う方法が有ります。

基本的には仲介の場合には売却価格20%までの
仲介手数料が認められています。

しかし、これ以上に利益を上げたいと思う場合には
住宅を自社で買取り、再度販売することにより
その価格差を利益として上げることが出来ます。

しかし、一般の人も仲介の方が自分に利益が有ると
分かっているため、不動産会社は査定額を高くし
売れないようにして安値で買取ったり、あるいは
その額を低くして買い叩くことも多いものです。

その為、複数の業者の査定を受けその金額を比較して
適正な価格を知るとともに、仲介に掛かる費用も
把握することが出来ます。

ハウスメーカーの住宅の場合には特に流行が有り、
住宅の価格が変動しやすい面も有るため、適正な価格を
知ることが重要です。

建売業者|家売却の不動産査定を慎重に選ぶ

建売業者から購入した住宅を売却する場合には、
購入価格に対して十分な査定が得られない場合が少なくありません。

その理由は多くの建売業者はできるだけ住宅を安く売却する事を
考えていることが多く、余り費用を掛けずに建設している住宅が
多いため、住宅の建物が可用性のない構造になっていることが
多いためです。

そのため、家売却の査定を受ける際には購入元は
出来るだけ伏せておいた方が良いものです。

家を売ることになったら

さらにこのような業者は土地を安く購入し分譲して
住宅を建てることが多く、立地についても条件が不利な場合が
少なくありません。

その為、家売却を行う場合にはそのような条件を
十分に知ったうえで売却を行う事が大切です。

不動産査定に於いては、その家の状態が非常に重要視
されるものです。

屋根や外壁のいたみ具合や、内部の汚れなども
重要な要因になります。

査定について

しかし、中でも重要視されるのが構造です。

近年では住宅を構造的に問題の無い範囲で
大きく間取りなどを変更してしまうことも多く、
構造的にこのような改造が可能な住宅は
築年数が古くても高値で取引されるものです。

しかし、構造的に間取りの変更が難しい住宅の場合には
なかなか売却することができないため、その価格は
安い物になってしまうのです。

但し、その評価は査定を行う不動産業者によっても大きく異なります。

家売却を行う場合には建売業者から購入した住宅は
金額的には不利になる傾向が強い物ですが、
不動産業者によっては良い買い手を見つけてくれることも有るので、
注意して慎重に選ぶことが重要です。

不動産の管理業者|家売却の不動産査定を慎重に選ぶ

家売却では、査定をしてもらう業者を慎重に選びましょう。
インターネットでの簡易査定なら手間はかかりませんが、
訪問査定では実際に家に来てもらって内部もじっくりと
見てもらうので、時間と手間がかかります。

多忙なのでインターネットの簡易査定の結果を見て、
1社に絞ってしまう人もいるようですが、なるべく3社以上に
訪問をしてもらって、正確な金額を出してもらいましょう。

正確に見てもらうために

家売却は早めに行ったほうが、費用を節約できます。
不動産は保有しているだけで、固定資産税、都市計画税の他、
メンテナンス代、修繕費などもかかります。

建物の価値は経年劣化によってどんどん落ちていきます。
不動産投資をしている人は、不動産の管理業者に
支払う費用もかかります。

不動産の管理業者との契約については、確認をしておきましょう。

2年の契約となっていたら、途中解約をすることで
違約金がかかるケースもあります。

契約内容によっては、売却をしてオーナーが変わっても、
新しいオーナーに契約が引き継がれるという内容に
なっていることもあります。

安心して任せるには

あらかじめしっかりと契約内容を確認しておき、
トラブルを避けるようにしておきましょう。

仲介を依頼する不動産会社は、高く売ってくれそうなところが
良いですが、親身になってアドバイスをしてくれるような
担当者であることが理想的です。

税金などの問題もあるので、さまざまなことについて
相談にのってくれるような担当者なら、安心ができます。

賃貸物件の仲介業者|家売却の不動産査定を慎重に選ぶ

家売却の際には相場がどれぐらいするのかを知る為に
一般には複数の業者による無料の一括査定という
費用のかからない方法をとる場合が多いものです。

ここではどこの会社も額に大きな開きがないのが普通ですが
他の会社に比べて極端ともいうべき高い額を提示するところも
中にはあり、注意する必要があります。

注意しておく

もし相場からかけ離れている場合には売れ残って
後で価格を下げることになる場合もあります。

家売却の際には会社の中には売買の仲介を行うところが存在します。

査定や売却は得意分野でありマンションや一戸建て、
土地などどんなタイプの物件も扱います。

賃貸物件の仲介業者もあります。
この場合は賃貸物件であればアパートやマンション、
貸家などどんな不動産も扱っています。

不動産の管理会社というのもあり賃貸の管理を主に扱っていて
マンションやアパートなどのオーナーとつながりがあるものです。

土地をまとめて購入し、そこへ住宅を建てて販売するといった
建売住宅の会社というものもあります。

土地を直接に買い取ってもらうには向いた会社とも
言えるかもしれません。

従ってこれらの専門化した会社の中からどのタイプのところに
依頼すれば良いかも検討事項になります。

検討すること

売却時期に制限があったり早く売却したい場合には
買取会社を選ぶという方法もありますが、幾分相場よりも
低めの額になる可能性もあります。

媒介契約にも3種類あり、これらの内容をよく知った上で
契約することが大切になります。

売買仲介業者|家売却の不動産査定を慎重に選ぶ

得意なところに任せる

家売却をする時は、複数の売買仲介業者に
査定をお願いしてみましょう。

売買仲介業者によって査定額は大きく変わってくることがあります。

土地の売却を得意としているところ、一戸建ての売却を
得意としているところなど、業者によって特徴があるからです。

当然ですが、得意としている業者に依頼をしたほうが
高く売ってくれる可能性が高いです。

家売却の費用のうち、大きな割合を占めるのが仲介手数料です。

基本的には、仲介手数料は値下げ交渉をしないほうが良いです。
なぜなら、売買仲介業者は利益が少なくなったために、
販売活動のためのコストを節約してしまう傾向があるからです。

仲介手数料が安いことに理由がある場合には良いですが、
値下げ交渉をする時にはよく考えましょう。

媒介契約のうち、専属専任媒介契約を結ぶ時には
注意をしておきましょう。

専属専任媒介契約は3ヶ月の契約期間が設定されていますが、
契約期間中に自分で買主を見つけてきてしまうと、
違約金がかかってしまうことがあります。

親族などが購入してくれそうな場合には、専任媒介契約に
しておいたほうが良いでしょう。

信頼できるかどうか

不動産会社の担当者は、家売却に関するあらゆることについて
アドバイスをしてくれます。

なるべく親身になって相談にのってくれるような担当者が良いでしょう。

販売戦略を立てたり、実際に宣伝活動をしてくれたり、
購入希望者に対応してくれるのも担当者です。

高い査定額をつけてくれるということも大切ですが、
信頼できる担当者がついてくれるということも同じくらい重要です。