売買仲介業者|家売却の不動産査定を慎重に選ぶ

得意なところに任せる

家売却をする時は、複数の売買仲介業者に
査定をお願いしてみましょう。

売買仲介業者によって査定額は大きく変わってくることがあります。

土地の売却を得意としているところ、一戸建ての売却を
得意としているところなど、業者によって特徴があるからです。

当然ですが、得意としている業者に依頼をしたほうが
高く売ってくれる可能性が高いです。

家売却の費用のうち、大きな割合を占めるのが仲介手数料です。

基本的には、仲介手数料は値下げ交渉をしないほうが良いです。
なぜなら、売買仲介業者は利益が少なくなったために、
販売活動のためのコストを節約してしまう傾向があるからです。

仲介手数料が安いことに理由がある場合には良いですが、
値下げ交渉をする時にはよく考えましょう。

媒介契約のうち、専属専任媒介契約を結ぶ時には
注意をしておきましょう。

専属専任媒介契約は3ヶ月の契約期間が設定されていますが、
契約期間中に自分で買主を見つけてきてしまうと、
違約金がかかってしまうことがあります。

親族などが購入してくれそうな場合には、専任媒介契約に
しておいたほうが良いでしょう。

信頼できるかどうか

不動産会社の担当者は、家売却に関するあらゆることについて
アドバイスをしてくれます。

なるべく親身になって相談にのってくれるような担当者が良いでしょう。

販売戦略を立てたり、実際に宣伝活動をしてくれたり、
購入希望者に対応してくれるのも担当者です。

高い査定額をつけてくれるということも大切ですが、
信頼できる担当者がついてくれるということも同じくらい重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)