建売業者|家売却の不動産査定を慎重に選ぶ

建売業者から購入した住宅を売却する場合には、
購入価格に対して十分な査定が得られない場合が少なくありません。

その理由は多くの建売業者はできるだけ住宅を安く売却する事を
考えていることが多く、余り費用を掛けずに建設している住宅が
多いため、住宅の建物が可用性のない構造になっていることが
多いためです。

そのため、家売却の査定を受ける際には購入元は
出来るだけ伏せておいた方が良いものです。

家を売ることになったら

さらにこのような業者は土地を安く購入し分譲して
住宅を建てることが多く、立地についても条件が不利な場合が
少なくありません。

その為、家売却を行う場合にはそのような条件を
十分に知ったうえで売却を行う事が大切です。

不動産査定に於いては、その家の状態が非常に重要視
されるものです。

屋根や外壁のいたみ具合や、内部の汚れなども
重要な要因になります。

査定について

しかし、中でも重要視されるのが構造です。

近年では住宅を構造的に問題の無い範囲で
大きく間取りなどを変更してしまうことも多く、
構造的にこのような改造が可能な住宅は
築年数が古くても高値で取引されるものです。

しかし、構造的に間取りの変更が難しい住宅の場合には
なかなか売却することができないため、その価格は
安い物になってしまうのです。

但し、その評価は査定を行う不動産業者によっても大きく異なります。

家売却を行う場合には建売業者から購入した住宅は
金額的には不利になる傾向が強い物ですが、
不動産業者によっては良い買い手を見つけてくれることも有るので、
注意して慎重に選ぶことが重要です。