ハウスメーカー|家売却の不動産査定を慎重に選ぶ

慎重に選ぶ

ハウスメーカーで建築した家はそれぞれ特徴があり、
また流行が有ることも少なくありません。

そのため、家売却を行う場合にはその査定額に注意が必要です。

一般の住宅に比べ流行しているハウスメーカーの住宅は
高く売れることも有りますが、業者によってはその上乗せ分を
考慮せずに金額を算定することが少なくないからです。

家売却を行う際には不動産会社により住宅の査定を
行う事になりますが、その場合には十分に注意が必要です。

不動産会社は住宅を効果的に販売し利益を得ることが
目的で有るため、効果的な販売方法を考慮した上で
その金額を決めることが多いのです。

適性を知る

多くの不動産会社は住宅を販売する方法として
仲介をする方法と自社で買い取りを行う方法が有ります。

基本的には仲介の場合には売却価格20%までの
仲介手数料が認められています。

しかし、これ以上に利益を上げたいと思う場合には
住宅を自社で買取り、再度販売することにより
その価格差を利益として上げることが出来ます。

しかし、一般の人も仲介の方が自分に利益が有ると
分かっているため、不動産会社は査定額を高くし
売れないようにして安値で買取ったり、あるいは
その額を低くして買い叩くことも多いものです。

その為、複数の業者の査定を受けその金額を比較して
適正な価格を知るとともに、仲介に掛かる費用も
把握することが出来ます。

ハウスメーカーの住宅の場合には特に流行が有り、
住宅の価格が変動しやすい面も有るため、適正な価格を
知ることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)